Adobe LIghtroom

Adobe Lightroomのカタログ保管場所変更

2013年5月16日


一応メモとして残しておきたかったのが、Adobe Lightroomのカタログデータの移行作業。

このカタログデータとは、Lightroom上で作業した写真の編集データやその他情報です。これが無くなっても、元の写真データは残りますが、現像情報が全て失われてしまうので、要は編集し直しです、死活問題です。

故に今後の為にも移行作業の方法を残しておきます。

やり方は簡単。

Cドライブ(macならMacintosh HD)→ユーザー→ユーザー名→マイピクチャ(macならピクチャ)→Lightroom←この中の全データを新たに移したい保存先(例えば外付けHDDなどにフォルダを作成して)にコピー

次にLightroomを起動して、ファイル→カタログを開く→コピーした先のフォルダからカタログを選択。するとLightroomが再起動します。

再起動したら、環境設定→一般→その中にある「カタログ初期設定・起動時にこのカタログを使用」で、移動先のカタログデータを選択

これで次回からは移動先のデータからカタログが読み込まれ、かつ新たな編集データもこちらに書き込まれるようになります。(一応何か写真を編集してみて、元のCドライブに新たなカタログデータが作られていなければ大丈夫です。)

これでPC環境が移ってもカタログデータはそのまま引き継げます。ふぅ、くわばらくわばら。

タグ: ,

Leave a Comment

CAPTCHA